オープン・ポジションへの応募

TSMCについてより詳しく知る

TSMCは、半導体業界初の専業受託製造会社(専業ファウンドリ)です。私たちは、一般消費者に自社製品やサービスを直接売ることはありません。そうした製品やサービスを実現するための半導体チップを、TSMCの直接のお客様である半導体メーカーや自社工場を持たないファブレスメーカーのために作っています。言い換えれば、世界のビジネスリーダーが大きな技術革新の夢を抱いたとき、それを実現するために私たちのところにいらっしゃるのです。

私たちは、半導体ファウンドリビジネスモデルの先駆者です。

1987年、創業者のモリス・チャンは、半導体製造工場(ファブ)の建設に必要な設備投資の増大が、イノベーションを阻害していることに着目しました。そこで、チップの設計・販売と製造を切り離し、それぞれを専業にすること(水平分業化)で、それらの企業と半導体産業の両方を発展させることができると考えたのです。

それは正解でした。現在TSMCは、創業当時からTSMCに信頼を寄せている数多くの顧客企業とともに、「Fortune Global 500」に名を連ねています。2021年の売上高は568億米ドルとなり、DRAMやフラッシュ等のメモリを除くと世界の半導体の1/4以上が TSMCの工場で作られています。そして更に先進的なチップを作る企業ほど、私たちを頼りにしています。

ここで技術的な説明はしませんが、私たちのファブが、世界で最も先進的であることは言うまでもありません。こうしたファブの運用には、高い技術力とイノベーションの追求にやりがいを見出せるエンジニアが求められています。

このような場所で、あなたも活躍してみませんか?

熊本の新工場「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(JASM)」では、新卒のエンジニアを募集しています。TSMCへの就職は、日本で最も先進的なチップ製造施設の立ち上げという歴史に関わり、それは国内半導体産業の活性化を支援することを意味します。

students

私たちのオフィス

TSMCは台湾の新竹市に本社を置き、台湾、米国、中国とシンガポールにおいてファブオペレーションに投資を行い、日本、北米、欧州、中国、韓国にオフィスを構えています。全世界で6万人以上のスタッフを雇用しています。

jaJapanese